スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むにゃむにゃむにゃ

2007年10月29日 01:24

ホームズ彗星というヤツが、突如これまでの40万倍の明るさで輝き出したという。
明け方、ペルセウス座の方向に、肉眼でもわかるほどに輝いている。
天文学者たちは手が震えるほど興奮してこの彗星を観測しつづけているらしい。
それを見た国立天文台のA博士は、「一生に一度立ち会えるかどうか」と興奮気味に語った。
それを聞いたB君は彗星をその眼で見て興奮し、写真をUPしながらブログに「超スゲー」と感想を書き込んだ。
それを読んだCさんは朝早く起きて彗星を観測し、一生に一度の景色を見て、「私の人生もたった一度。会社、辞めよう」と決意して独立の準備をはじめた。
とする。

彗星がこの時期にアウトバーストしたのも偶然なら、A博士にコメントをもらったのも偶然、B君が彗星を見たのもたまたまだし、Cさんが朝早起きしたのも実は偶然トイレに行きたくなったからで、別に見ようと思っていたわけじゃなかった。
ならば。

地球1周の何百倍も遠くにある星がCさんの決意を促した。
国立天文台のA博士もCさんの心を揺り動かした。
全然見ず知らずのB君だってCさんを後押しした。

なんだかみんなつながってるみたいだ。

たとえば空を見上げると数十億年前の星が輝いていたりする。
そいつがたまたま強く光ったことで誰かの心が動いて何かを動かしてそれを見た誰かがまた何かを動かして……やがてぼくの生活に影響が出たりする。

まぁこういうことを考えていたヤツは昔からいたらしくて、古代ギリシアの連中はこういう世界のつながりを「コスモポリタニズム」って呼んだみたいだ。
中世のスピノザとかライプニッツなんかはこれを神様と結びつけたりしていたんだよね。

わかる。
わかるよな~。
だって不思議すぎるじゃん。

なんか自分の意思で生きているような気がするけど、全部がつながってるような気もするし、すべてが決定されている気もするけれど、すべてが偶然の気もするし、すべてがみんなの意思にかかっているような感じもする。

ワインを飲みながらベランダで星を眺めている。
ふと地面に目をやって道路を見下ろすと女の子が犬を2匹連れて歩いている。

もしも。
ちょっと彼女がこっちを見たので持っていたワイングラスをかざしてみると、なんだかお互いに恋心が芽生えて翌日も同じ時間にワイングラスをかざし、やがてふたりが結婚したとしたら、ぼくはきっと彗星にとてつもなく感謝するに違いない。
そんなことを思って女の子を見下ろしていると、2匹の犬がお互い反対の方向に行こうとしていて女の子は前に進ませようと四苦八苦。
助けに行こうかなー。
でもまぁ行かないやね。
こうして偶然を見過ごしてきっと永遠に彼女とは知り合えないのだろうなぁ。

なんてことをむにゃむにゃ考えていると眠くなってきてそのまま布団に入って眠り込む。
そのときの記憶なんてほとんどないのに、もしかしたらこんな感じだったんじゃないのだろうかと思っていまこうやって書いている。
本当のところはよく覚えていないけれど、そんなむにゃむにゃした感じがなんだか好きだ。

もしかしたらこの文章を読んだ誰かがちょくっと影響を受けて彗星を見るとか外を眺めるとか少しでも何かを感じて何かをしたら、ぼくはちょこっとでもその人とつながったことに……むにゃむにゃむにゃ…………
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/82-d7793aee
この記事へのトラックバック