スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽&踊り4 Dance Dance Dance

2007年06月15日 01:42

格闘技をやめた。
柔道、キック、空手……トータルすると10数年やっていた。
理由はいつか書くかもしれない。
大きな大きな変化があって、とにかく、やめた。
その代わり、ダンスをはじめた。
もともと踊りは大好きだった。
こんなに踊りが好きになったのはいつからだろう?

きっかけはたぶん中学生の頃。
あの頃は映画が大好きで、街の映画館で上映される映画はジャンルを問わず片っ端から見ていた。
ダンス映画がとても流行した時代で、『フラッシュダンス』と『フット・ルース』に衝撃を受けた。

Footloose

高校になると他にも『ブレイクダンス』とか『ステイン・アライブ』なんかのいいとこを集めたベスト・ダンス・ビデオを作ってひとりで練習していた。
柔道部だったんで畳の上でウインド・ミル(背中をつけてクルクル回る技)の練習したけど、さっぱりできなかったなー。

大学になるとディスコ全盛だ。
ユーロビートからブラック・ミュージックまで、ディスコやコンサートで踊ってた。
やっぱりいま見てもマイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンはスゲー。

Michael Jackson's best dance
Rhythm Nation

社会人になると時間がなくなって、夜は仕事か飲みか格闘技の練習でつぶされて、踊ることもなくなった。
踊りが復活したのは旅に出てからだ。
それもトランスの聖地、インドのゴア。
ミレニアムを祝うクリスマス~正月を含んだ1か月だ。

ビーチで、ジャングルで、岩山で、朝から夜まで毎日毎日レイヴがあったので狂ったように踊っていた。
飲みまくってバイクに3人乗りしてビーチに出かけ、12時間以上ぶっ通しで踊ってそのままヌーディスト・ビーチで泳ぎ……みんなで「死んでもいいや」とか言ってたけど、よく死ななかったなー。

! Astrix - Scientific Reality (LIVE GOA PARTY)

世界を旅しながらも、レイヴがあると聞けばあっちに行きこっちに行き、すっかりトランス小僧になってしまった。

そのトランス熱を冷ましたのが黒人のダンスだ。
アフリカではレゲエにリンガラ。
ブラジルではサンバ。
特にリオのカーニバル。

Rio carnival 2007

おなじみのパレードもおもしろいんだけど、カーニバルはやっぱり街がおもしろい。
たとえば車が普通に走っている通りを歩いていると、どこからともなくスピーカーを満載したトラックがやってきて、止まったかと思うといきなりサンバの爆音を響かせる。
10分もしないうちに道路がダンス会場になり、いつも用意しているのか仮装してるヤツもたっくさん湧いて出てきた。
深夜になってもじいちゃんもばあちゃんも3歳くらいのかわいい女の子も、みんな踊っている。
超かっけー!

一緒に踊りまくってたんだけど、サンバがまったくできないからか、いろんなヤツがやってきて写真に撮られ、握手された。
そんなにオレの踊り、変だったのかな?

ちなみにこれは、所詮踊りとバカにしていたカポエイラ。
体操競技なみの運動神経だ、こいつら。

Capoeira Sul da Bahia

その後エクアドル、コロンビアではサルサを習い、金曜日はサルサテカでサルサを踊り、土曜日はディスコテカでトランスで踊るという生活を続けた。

帰国してたまにレイヴやクラブに行っていたけれど、家のすぐ近くにサルサ教室ができたので通ってみることにしたってのが今年1月のお話だ。
サルサ・クラブではサルサの他にもメレンゲやバチャータなんかもかかる。
いま気に入っているのがそのバチャータってダンス。

Sensual Bachata

ちなみにサルサクラブではレゲトンという世界でもっともエロいダンスもかかる。
最初聞いたとき、サルサやってるようなサラリーマン連中が犬の交尾をマネたこんなダンス踊んのか!と思ってビックリしたけど、さすがに誰もこんなの踊ってねー。
若い子たちが行くレゲトンのイベントやサイバー系のトランスに行くとラブ・ダンスとか言ってやってるらしいけど(一般的にはペレオという)。
ちとやってみてー。
sexyというよりsexだけど。

los bacanos de bk

この前ジャーマン・トランスの大御所ポール・ヴァン・ダイクが来日したのでageHaで踊ってきた。
すばらしかった。
その翌週には銀座のサルサ・バー、ラス・リサスでサルサとバチャータを踊った。
とても楽しかった。

こうなるともう音楽なんてなんだっていい。
ロックでもトランスでもサルサでもよければ演歌でもクラシックでもヨーデルでも、極端な話、雨音や車の行き交う交差音だって構わない。

格闘技はもうやることはないだろう。
その代わり、これからは踊りつづけることにしよう。

さらば、格闘技。
よろしく、ダンス。

p.s.
書いたそばからナンですが、空手や拳法の型的なものはずっとやっていこうと思ってる。
武道の真髄はアートだ。
だから正確には「護身術」をやめる。
ややこしい?
すみません。

音楽&踊り5 節操ない音楽鑑賞
音楽&踊り3 Me gusta menear, me gustas tu. at スダーダ
関連記事