スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最高級のチョコレート at NoKA

2007年04月16日 02:15

六本木・国立新美術館「異邦人たちのパリ ポンピドー・センター所蔵作品展」に行ってきた。
やっぱりピカソが圧倒的だった。
特に「女の肖像」。
以上。
問題はチョコレートだ。
shintokyoart.jpg
国立新美術館

そのまま東京ミッドタウンに行ってたまたま「NoKA」(ノカ)を発見してしまった。
噂には聞いていたけれど。

midtown.jpg
東京ミッドタウン

最近世界各国のショコラティエが日本に店を出したおかげで1粒400円程度のチョコレートじゃ驚かなくなった。
六本木ヒルズ・けやき坂通り「ル ショコラ ドゥ アッシュ」の1粒1,000円のトリュフノワールがなかなかおいしくて何度か買った。
でもさ。

NoKAはこれまで見たどこより小さいトリュフが2個セットでなんと4,200円。
イギリスで行われたアンケートでは、「世界最高級のチョコレート」に選ばれたとか。
さすがに迷った。
だって噂のインドレストラン「ニルヴァーナ」のランチが3,500円、あと1,000円出せばあの天ぷらの老舗「山の上」のランチ・コースだって食べれるじゃないか。

しかし。
チョコ好きとしてはいつか体験せにゃならん。
よっしゃと思ってオーダーすると、売り切れ。
まだ12時だぞ。
ダークチョコレートが一応あったので買ってきた。
小指の爪ほどのチョコが4つで2,800円。
一応写真横の絵葉書をスケールにして撮影してみた。
ちっちゃいでしょ。

noka.jpg


いったいこれをどう楽しもうか。
そう思っていると、NoKAのウェブサイトに味わい方まで書いてある。
ハイハイ。
常温にして、3回深呼吸して、お口で溶かすように、間にはお水ね。
深呼吸しました。
で、いただきました。

う~ん、おいちい。
エゴ味はほとんどないのに苦味が深くてとてもフレッシュ。
香りも強いし、カカオをとても感じる。
あのカカオの赤い実を感じさせてくれるダーク・チョコレートが好きな自分としては至極満足。
やっぱりチョコレートはいいな~。
それに1粒1粒たしかに性格が違って楽しめる。
あっという間に2粒消費。
1,400円。

うーん。
とっておくか、と思ったけれど、劣化させるくらいならば食べてしまえ。
続いてもう2粒消費。
結局4つとも一気に食べてしまいました。

とってもおいしゅうございました。
カカオがとんでもなく高級なのもわかりました。
でも。
おそらくNoKAのダーク・チョコレートはもう買わない。
コスト・パフォーマンスが悪すぎるし、チョコレートとして完成度が高いかと言われたら、どうなんだろうと思う。
今度、ジャン・ポール・エヴァンのチョコレートを買ってきて確かめよう。

さて、今度は2粒4,200円のトリュフに挑戦だ。
モネ展も行かなきゃならないし、いつか朝イチで行って買ってやる。
まっとれ、NoKA。

NoKA Web Shop
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/48-f381ff94
この記事へのトラックバック