スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

2007年03月18日 02:07

卒業証書を抱えた中学生の男と女の子たちがあふれるほどの笑顔で歩いていた。
楽しくて楽しくて、でも寂しくて寂しくて。
そんな満面の笑み。

春だなー。
卒業式の季節になるといつも思い出すシーンがある。
中学校を卒業する日。
合唱部の後輩たちがなごり雪で送り出してくれた最後、音楽室から出るその瞬間。

そのイメージは予告なしに現れて、身体を風が駆け抜けたかと思うと、当時の香り、当時の笑顔、当時の寂しさ、当時の光に包まれる。

中学校が楽しくて楽しくて、仲間たちが好きで好きで、卒業したくなかった。
でも、泣いている後輩もいるその教室を出るその瞬間はとても楽しくて。
だってさ、みんな同じ気持ちでいることがわかってるんだから。
だからとても大きく笑っていたことを思い出す。
でもとても寂しかったのも思い出す。
もう会えなくなる人もいるんだろうなーって。

実際、隣町の高校に行ったこともあって、あれからほとんどの人と会っていない。
同窓会とか同級会もやってないし。
みんな元気かな?

さっきの中学生たちがまだ笑ってる。
電柱につかまって笑っては、道路に相手を押し出しては笑ってる。
歩みは少しも進まない。
進めたくない時間。
とてもすてきで大切な時間。

春だなー。

今度田舎に帰ったら、みんなに声をかけてみよっと。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/40-bef65e23
この記事へのトラックバック