スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵&写真6 ユトリロの視線

2010年07月23日 14:52

街を歩いていると景色がとんでもなく美しく見える瞬間がある。
ただの壁が、家並みが、街角が、車が、人が、言葉にできないくらい愛しく思える瞬間が。
かつて、その瞬間は突然、思い掛けないタイミングでやって来ていた。
スーパーで買い物をした帰りだとか、ベランダで洗濯物を干していたりだとか、旅先でボケーと景色を眺めている時なんかに。

その瞬間が来ると時間が消えた。
景色が固化し、ぼくと絵の境が消えた。
そしてその瞬間が去ってから、何かとても大切なものに触れたような気がして鳥肌が立った。

でも残念なことに、その視線は決して保存しておくことができなかった。
写真に撮っても、テキストに落としても、記憶にとどめても。
ただまたその瞬間が来ることを待つことしかできなかった。

だから昔、ぼくはその瞬間が幻影だと思っていた。
気のせいだろ、と。

ゴッホを見てそれが気のせいではないことを悟り、ユトリロを見たとき、その瞬間が見事にとらえられていることに驚いた。

utrillo1.jpg
モーリス・ユトリロ「雪のムーラン・ド・ラ・ギャレット、モンマルトル」1934年

ユトリロがこだわったのはパリの街の壁。
特に白漆喰。
漆喰で遊んでいたユトリロは、詩人フランシス・カルゴに「パリの思い出に何か一つ持っていくとしたら何?」と問われ、躊躇なく「漆喰」と答えたという(損保ジャパン東郷青児美術館「モーリス・ユトリロ展」より)。
そしてその白を表現するために絵の具ではあきたらず、石灰や鳩の糞、卵の殻、砂まで使って作画した。

ぼくも一時、つかれたように壁ばかり写真に撮っていた時期がある。
別に壁だけが好きだったわけではない。
ただ、壁はピントや露出に気を使ったりする必要があまりなく、その瞬間を切り取るのが簡単だったからだ。

utrillo3.jpg
モーリス・ユトリロ「サン=ローラン教会、ロッシュ(アンドル=エ=ロワール県)」1914年頃

ユトリロにとってもぼくにとっても、壁に意味があったわけではない。
意味はその瞬間にこそ、その視線にこそあった。

美によって明かされる他者の存在に。
他者によって明かされる自己の存在に。
つまり、物と命というものの存在にこそ。

utrillo2.jpg
モーリス・ユトリロ「バイアン通り、パリ」1915年頃

そう気づいたとき、ぼくはいつでもその瞬間にアクセスできることを知った。
そしてその視線を手に入れた。

もう。
美しい景色がなくたって。
アーティストの作品がなくたって。

いつも、どこにいても、ぼくはその瞬間の中にいる。
その瞬間の中にしか、生きることができないのだから。

絵&写真7 光と闇 ~オディロン・ルドン~
絵&写真5 リンゴの正体 ~セザンヌ主義~
関連記事