スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリオン新劇場版:破

2009年07月26日 20:43

文学が好き。
芸術が好き。
でも、『エヴァンゲリオン』や『マトリックス』も大好き。
『エヴァンゲリオン新劇場版:破』を見に行った。
すばらしかった。
まぁTV版やこれまでの劇場版と比べてどうかと言われると微妙だけれど。

いま仕事で高校生向けの本や雑誌を作っている。
彼らはもうほとんど本を、特に文学作品を読まないという。
読んでも新書くらいとか。

先日あるライターがこう言った。
「新書に書いてある程度のことはすべて古典に書かれている」
完全に同意する。

『エヴァンゲリオン』の問わんとすることは、古代ギリシアや古代インドでも問われてきたこと。
ドストエフスキーやヘッセなんかもテーマにしていたこと。
いつになろうと、どこにいようと、人は人だ。

『エヴァンゲリオン』や『マトリックス』はわかりにくいと言われる。
それならぜひ文学や哲学に挑戦してほしいなー。

映画でも語られていたけれど、「世界の深さ」に気づけるんじゃないかと思う。
そうしたらきっと……

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/173-3dec3763
この記事へのトラックバック