スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理万歳 イタリアン万歳

2009年01月14日 00:12

今年はもっともっとおいしいものを食べよう。
そう思っています。
店だけじゃなくて、家でも。
oiletc.jpg

去年イタリアで10年ものモデナ産アチェート・バルサミコ酢(写真中央)と、サッシの黒トリュフ・EXVオリーブオイル(同右)を買ってきました。
この前スペインのEXVオリーブオイル・オリベロ(同左)も買ってみました。
それでもってサラダやパスタを作ってみました。

もーね、最高!

「男の料理は素材でごまかす」
まさしく。

だってね、オリーブオイルをそのまま舐めておいしいし、バルサミコ酢と混ぜるとそれだけですばらしいドレッシングになります。
トマトとモッツァレラにかければ野菜とチーズが立派なアンティパスト(前菜)に変身するんですから。

それでもってパスタです。
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ(イタリア語でニンニク、オイル、唐辛子)です。
もちろんちょっといいパスタを買ってね。
でもってメインは野菜焼き。
いいんです、ただのアスパラガス焼きでも。
これでアンティパスト→プリモ・ピアット(第一皿)→セコンド・ピアット(第二皿)あるいはコントルノ(付け合わせ)というイタリアンの流れができてしまうわけです。
所要時間、わずか15分。

素材がよければ少々失敗しても大丈夫。
ただ、今年は塩加減にこだわろうと思っています。
「あらゆる料理の塩加減は食材総重量の0.8%がbest」という水島弘史シェフの「塩のルール」をバッチリ踏襲。
これを身体に覚えさせるつもりです。

楽しいですねー、料理は。
幸いわたくしはエンゲル係数なんてどーでもいいタイプなので、それ以上の感動があればすべてOK。
今度はポルチーニと黒トリュフ・EXVオリーブオイルをあわせてパスタを作ろうと思っていたりして。

あ、でも今年はスペインに行くんでした。
スペイン料理も研究しなくちゃですね。
サンパウにも食べに行かなくては。
よし、がんばるぞ!
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/161-4f88c6f1
この記事へのトラックバック