スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母校が

2008年11月18日 11:52

母校の藤枝東高校が静岡県大会を制し、
第87回全国高校サッカー選手権への出場が決定!
強豪静岡の代表として2年連続の決勝進出、
悲願の優勝を目指す。
のだそうです。
スゲー。
がんばってほしいなー。

思い出すのは高校1年のとき。
ぼくは藤枝市の隣町、島田市の出身で、島田市は毎年長嶋茂雄さんが野球教室に来てくれるほどの野球街でした。
当然ぼくは小さな頃から野球ばかり。

高校のとき隣町に通うことになって驚きました。
ぼくの街では子供たちはみんなキャップをかぶり、バットや軟球を持っている印象があったのですが、藤枝の子供たちはみんな半ズボンでサッカーボールを持っている!
なんてこった!!

藤枝東はサッカーについては昔からの古豪で、優勝経験も多数。
ぼくが入学した年にゴン中山が卒業していたりします。

当時、何を思ったか、ぼくは急に全国レベルのサッカーをやりたくなって、サッカー部の仮入部へ。
いきなりボールを持たされ、並べられたハードルの前に立たされて、リフティングしながらピョンピョン跳び越えていく入部希望者たちについていけずに断念した記憶があります。

それでも、「東高の生徒はサッカー部でなくても全員サッカーがうまくなくちゃダメなんだ」とか言って、体育の授業はほとんどサッカー。
入学と同時に男子全員サッカーのスパイクを買わされるなんてのは藤枝東くらいのものでしょう。
いやー、懐かしい。

公立高校がここまでがんばるというのはすごいことだと思います。
選手のみなさん、今年もがんばってください!
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daiburogu.blog89.fc2.com/tb.php/153-dd67108f
この記事へのトラックバック