スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルメ1 カクテルの真実 at bar *****

2007年01月07日 00:00

赤坂の裏通り。
外国人女性にしばしば声をかけられるさらに奥。
「会員制」と書かれた重々しいドアの向こう側は懐かしい書斎の香り。
バーテンダーは「伝説」と言われるおじいさんだ。
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

グルメ2 燗のエクスタシー at 井のなか

2007年01月09日 00:00

職人は意味を追究する。
なぜワインを飲むときスワーリングする(グラスを回す)のか?
香りが立つからだ。
なぜ脂ののっていない初鰹を出すのか?
春の香りに心が浮くからだ。
では、なぜ日本酒を「燗」するのか?
[ 続きを読む ]

グルメ3 反逆の古酒

2007年01月10日 00:00

シングル・モルトやバーボンのように樽の色が染み出たわけじゃない。
その琥珀色は日本酒自身が時間をかけて練り上げたもの。
瓶の中で成分が作用しあい、透明な液体が少しずつ少しずつ琥珀をつむぐ。
日本酒が変わるかもしれない。
[ 続きを読む ]

グルメ4 スパイスとカレーの関係 at エチオピア

2007年01月22日 00:00

カレーの真髄はスパイスだ。
香りを嗅ぎに通うカレー・ショップは神保町のここだけ。
[ 続きを読む ]

グルメ5 よい店の条件 at ちょい干し てっ平&長谷川

2007年04月06日 00:01

神楽坂、毘沙門天の向かいの小さな小さな路地、「ここ、通り抜けられるの?」というほど細い通りの中ほどに、「ちょい干し てっ平」はある。
夜、路地裏に妖しく浮かぶ光に誘われて小道に迷い込んでみて発見したのがこの店だ。
[ 続きを読む ]

グルメ6 みたらしだんごとわらびもち at 一幸庵

2007年04月11日 00:55

みたらしだんごとわらびもち。
みたらしだんごとわらびもち。
みたらしだんごとわらびもち。
……なんだかとてもよい響き。
[ 続きを読む ]

グルメ7 命の水 at 画亭瑠屋 & ル・パラン

2007年04月29日 02:54

まだ大学出たての20代。
ほぼ毎週、水曜日には日吉のバーに出かけていた。
行くのはたいてい格闘技の友人と、練習後。
バーの名前は画亭瑠屋。
[ 続きを読む ]

グルメ8 旬 at 神田笹鮨

2007年05月11日 19:45

桜も見に行った。
春の魚も焼いてみた。
たんぽぽの香りも嗅いだ。
でも、今春、もっとも春を感じさせてくれたのは創業120年というお寿司屋さんだった。
[ 続きを読む ]

グルメ9 通と粋 at 蕎楽亭

2007年06月21日 23:28

1枚の景色をよく覚えている。
実家の2階、キッチンで料理する母親に声をかけている絵だ。
「今日のごはん、なに?」
「おソバよ」
「え~~~」
[ 続きを読む ]

グルメ10 革命の味 at バードランド

2007年06月25日 09:04

ある料理を食べることでその料理の概念が変わってしまうという経験を誰しもしたことがあるだろう。
人生の中で最大の衝撃のひとつは青山の超高級イタリアン・レストランで食べた白トリュフのパスタだ。
でもこのパスタの場合ある作家さんに招待していただいたのだが、「これ以上のトリュフはありません」とシェフがわざわざケースに厳重に保管された白トリュフをテーブルに見せにくるほどの素材なら、まぁある程度予想できるというもの。
[ 続きを読む ]

グルメ11 カクテルの真実2 at Bar FOUR SEASONS

2007年07月05日 10:56

寿司屋に行くとネタに精通していない自分は「白身は何がありますか?」。
バーに行くとフルーツに精通していない自分は「果物は何がありますか?」。
これが楽しくって仕方なくて、最近バー巡りにはまっている。
[ 続きを読む ]

グルメ12 中華の技法 at 香満楼&川力餐庁

2007年10月23日 01:11

日本料理と中華料理、何が違うって「炒める」技法ほど異なるものはないのではないか?
中華料理は油っぽいイメージがあるが、それは炒め物が多く、炒め物は油を使いまくるからだろう。
[ 続きを読む ]

グルメ13 旬の力、場の力 at 成隆行蟹王府

2007年11月13日 10:28

「九圓十尖」
9月はメス、10月はオスという意味らしい。
大閘蟹(ダァジァシェ)、上海蟹のことだ。
10月に上海に行った。
食べるしかないっしょ。
[ 続きを読む ]

グルメ14 肉と赤身 at Vlado's

2008年01月16日 00:10

本当にいい店というのは、食べる人の世界を書き換えてしまうような料理を提供してくれる店だ。
そう以前書いた。
いまでもそう思う。
[ 続きを読む ]

グルメ15 ショコラ紀行

2008年01月31日 00:00

チョコレートが好きだ。
ボンボン・ショコラ(1粒サイズのチョコレート)の場合、超一流ショコラティエ(チョコレート職人)のものでも1粒300円ほどが相場。
高いといえば高いが、料理を食べ歩くことに比べたら、えらく安い。
なので、いろいろな店に行っては食べているが、あんな小さな世界にちゃんとそれぞれのショコラティエが見えるんだからおもしろい。
[ 続きを読む ]